抗体検査について

 まず、抗体とは身体の外から入ってきた細菌やウイルス(抗原という)と戦うために、身体の中で作られた武器のようなものです。抗体にはいくつか種類あり、一般的なコロナの抗体検査では、IgMとIgGという2種類の抗体を調べます。

 IgMは感染して直ぐに体の中で作られる武器(抗体)で、感染直後ではIgMが多いです。一方で、IgGは感染してしばらくしてから作られる武器(抗体)で、長期間にわたって身体の中に残ります。(厳密にはIgGを作る工場となる細胞が長く身体の中に残ります)
コロナの抗体検査では、この武器である抗体があるかどうかを調べる事で、コロナウイルスをやっつける事ができるのかを明らかにさせます。

抗体検査の結果の見方


厳密には陽性とは
IgMのみが陽性
コロナウイルスに感染した直後である。今も感染している可能性がある。
IgGのみが陽性
コロナウイルスに以前感染していた。
IgGとIgMの両方が陽性
コロナウイルスに今、感染している可能性がある。

したがって、抗体検査をした時に、両方とも陰性であれば、まだ感染していないということが示せます。コロナキットは特に陰性であることを示す点で有用だと研究結果では言われており、自分が感染しているかもしれないと心配な時に、感染していないことを確認するのに大変有用であると言えます。

抗体検査のメリット

抗体検査には様々なメリットがあります。抗体検査を正しく理解していくことで、安心した生活を送ることができます。

  • 不安ストレスの解消
  • 感染していないことの確認

生活をしている中で不安に感じることはありませんか?

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。第二波がいつきてもおかしくない状況で、私たちは不安を抱え生きています。
一方で、正しい理解のもと抗体検査を受けることで、ストレスのない安心な生活を送っていくことが可能です。

ご友人や身近な方が発症

ご家族やご友人など身近な方が発症してしまった時、とても心配だと思います。濃厚接触者の定義から外れPCR検査できない時、そのまま2週間自粛するのか、それとも陰性と確認して普段の生活を送っていくのかの判断としていただけます。
  • 身近に高齢者の方がいる
  • 自分が免疫を持っているか確認する

身近に高齢者の方がいませんか?

自分が知らないうちに感染しており、周りの方にうつさないか。特に高齢者の方と一緒にお住いの方で、そのように心配される方は多くいらっしゃいます。感染の陰性が証明できることで、安心して一緒に生活をすることが可能です。

人生を豊かに

自分が抗体を持っているのかどうか気になる方も多いと思います。少なくともこの世の中に新型コロナウイルスが有る限り、いつ感染するかわかりません。抗体を持っていれば、感染しても重症化はせず、またそもそも発症しない可能性が格段にあがります。抗体を持っておくことで、安心してストレスのない健康な生活を送っていくことが可能です。

抗体検査はお近くの医療機関で受けることができます。特に、体調の優れない方は、胸部X線写真(レントゲン)や採血と合わせて確認することで、新型コロナウイルスに感染しているかの判断が可能です。早期発見をすることで、ご自身の重症化を防ぐだけでなく、周りの方々へうつさないという感染の拡大も防止ができます。

抗体検査のできる病院を探す

抗体キットを個人購入する